特に恋愛経験がないまま大人になり日々を過ごしている人は意外と少なくないかもしれません。若い頃に恋愛経験をしていないと大人になって苦労するとよく言われますが、実際に付き合う時のハードルや悩みは大人になった時の方が大きくなります。そんな出会いや結婚などの悩みがある方は、ぜひこのサイトで解消してみてください!

インスタグラムでの発信は見られているのを忘れずに!

SNSで日常を発信するイメージ

「インスタ映え」「フォトジェニック」という言葉が流行語になるくらい、インスタグラムを利用している人は増えています。
特に女性たちは自分の幸せな生活や華やかな交友関係を誇示するかのように、たくさんの見栄えのよい写真をアップしているケースが多々あります。
俗にいう女性同士のマウンティングのために、美味しいモノを食べた、ブランド物を買った、人気のスポットへ行った、旅行やイベントの報告など、自慢するための写真をズラリとアップする人も少なくありません。

インスタグラムで話題の人や芸能人の生活を垣間見たり、自分の趣味や嗜好に合う人・気になる人を探しす人もいます。
自分発信をしながら、さまざまな出会いを求める人・繋がりを欲する人も少なからず存在します。
積極的に情報発信することは決して悪い事ではないのですが、ネット上では自分の想像もしていない人が見ている可能性があることも忘れないでください。
自分自身の生活環境を赤裸々にさらすことは、それらを逆手にとって悪用しようと近づいてくる人もいるのです。

マルチビジネスや詐欺目的で近づく人もいるでしょうし、異性との出会いツールとして出会い系アプリのようにインスタグラムを活用している人も中には存在します。
インスタグラムの写真やコメントには自分の趣味や嗜好が如実に表れています。
じっくり観察しながら時系列的に眺めているとその人の好きなモノ・嫌いなモノ、価値観や悩み・コンプレックス、行動パターンや生活ルートなど、意外に多くの情報を得られます。
悪意を持って情報収集すれば、さまざまな個人情報を推察することも十分に可能なのです。

友人や知人に理解してもらうだけなら構わない事柄でも、まったくの赤の他人やさほど親しくない職場の同僚、あるいは上司や取引先の人などに、プライベートなことや交友関係・異性関係までさらす必要はないのかもしれません。
自分としては親しい仲間うちだけに公開している感覚で、気軽に自分の部屋での写真や友人や彼氏の顔も含めた写真をアップしていても、実は想定外の人が見ていることもあります。
一緒に写っている相手が公開されてしまって迷惑なケースもあるでしょう。
保育園や公園などで子どもが一緒に遊んでいる写真を、ママ友に勝手に顔出し公開されてトラブルになるケースもあります。

インスタグラムの発信は自分だけの日記帳でも無ければ、仲間うちだけのアルバムでもありません。
ネット上に情報を発信し掲載すれば、見られているということを忘れないようにしてください。